ファミリア・ラプソディア

ポリアモリーと愛してみたい(1)

 兄と別れた僕は、その足で地下鉄に乗ると類さんのマンション近くまでやって来た。

 辺りは日が落ちてすっかり暗くなり、電柱に羽虫が群がり始めている。
 これから飲みに行くのだろう、スーツ姿の人たちが往来を行き来していた。

 僕は携帯を取り出した。
 それから、ずっと大切にしまっていた番号に電話を掛ける。

 コール音が響いた。
 1、2……3度目で、相手が電話に出る。

『もしもし?』

 ずっと聞きたくて、聞くのが怖くて、躊躇っていた愛おしい声。

『――伝か?』

「はい……」

 頷けば、向こうで息を飲む気配。

 僕は唇を舐めると、唾液を飲み下した。
 それから高層マンションを見上げて口を開く。

「類さん。……連絡遅くなってごめんなさい」

『謝るなよ。電話くれてめちゃくちゃ嬉しい。……元気してたか?』

「元気、とは言い切れませんね。あなたに会いたくて、とても寂しかった」

『うん……俺も寂しかったよ』

 言葉が胸に甘く響く。
 僕は彼の声を味わうように瞬きをしてから、ここにくるまでに考えていた言葉を、ゆっくりと舌に乗せた。

「……類さん。僕は……正直なところ、みなさんとうまくやっていけるか不安です。
 あなた方の関係は僕の中にはないものだし、それに、僕はあなたのことが好きだから……独占したくなってしまうかもしれない」

 携帯を握り直す。手のひらに汗が滲んでいる。

「でも、知らないから、わからないからって、無理だと決めつけるのは違うと思い直しました」

 僕はずっと、僕を蔑む兄が嫌いだった。
 自分の中にある価値基準から外れたものを、頭ごなしに否定する彼が。僕を否定し続ける彼が。
 でも、僕だって彼と同じだ。
 人並みの基準から外れた自分を嫌悪していた。
 理解できないからと、類さんたち否定した。

「もし、良ければ……僕にチャンスを下さい。あなたのことを、あなたたちのことを、もっと知りたい」

『伝……』

「僕は……どんな形であれ、あなたを愛してみたい」

 言って、僕はフッと笑った。
 思えば、類さんのことになると僕は少しだけ強くなれるみたいだ。

『今、何処にいる?……会いたい』

「実はマンションの下にいます」

『すぐ行くよ』

 電話が切れる。

 僕は東京の狭い夜空を見上げた。
 星がうっすらと瞬いている。
 頬を撫でる夜風が何処となく爽やかだ。

「デンデン!」

 しばらくすると、明るい声と共に小柄な身体が突進してきた。

「わっ、ニャン太さん……っ!?」

 抱きとめると、ニャン太さんは僕を見上げて満面の笑みを浮かべた。

「絶対、連絡くれるって信じてたよ!」

 彼の後ろを見れば、類さんと、蒼悟さん、帝人さんもいた。

「伝……久しぶり」

「類さん……」

 類さんは僕に歩み寄ると、気恥ずかしそうに、困ったような笑みを浮かべた。

「……あのさ。俺が言うのもなんだけど……本当にいいのか?」

「ええ。悩みましたけど……これが僕の選択です」

「そか……」

 類さんは僕の肩にコテンと頭を乗せた。

「嬉しいよ。……泣きそう……」

 額を押しつけるようにして、上ずった声で言う。
 それだけで僕は……この選択をして良かったと思ってしまう。

 だって、やっぱり僕は類さんが好きなんだ。
 彼が誰を愛しているだとか問題じゃなくて、僕が……彼の傍にいたい。

「ねえねえ、再会を喜ぶのはお酒飲みながらにしない? そゆわけで今から歓迎会しよう!」

 ニャン太さんが目を輝かせて言った。

「え!? 今からですか!?」

「だって明日は日曜日だし。みんな揃ってるし。ねえ、いいでしょ? 類ちゃん!」

「伝、予定は?」

「ありませんけど……」

「なら、決まりね!」

 僕の腕を取ってニャン太さんが歩き出す。それから「あっ」と蒼悟さんを振り返った。

「ソウちゃんはおつまみ宜しく! お酒はボクたちにお任せあれ!」

「わかった」

 それから、僕は類さんと、ニャン太さん、帝人さんとコンビニへ向かった。

「ねえねえ、デンデンはどんなお酒が好きなの?」

「甘いのが好きです」

「ボクも好きー! お揃いだねえ……!」

 僕の腕に腕を絡めて、ニャン太さんが楽しげにスキップする。
 すると逆の方から類さんに腕を引かれた。

「……ニャン太。お前、くっつき過ぎだ」

「え~? 類ちゃんとデンデンはもう仲良いんだから、次はボクたちの番でしょ?」

 小首を傾げてから、彼はニッと目を細める。

「それとも類ちゃん、寂しくなっちゃった? もうっ、大丈夫だよ。類ちゃんのことも大好きだよ。銀河並みに広く深~く愛してる!」

 ニャン太さんが類さんに飛びつく。

「うわっ、こら、乗っかんな!」

「好き好き~っっ!」

 逃げようとする類さんに抱きつきながら、彼は頬に唇を寄せる。

 僕は……

 僕は、フッと噴き出した。
 いざ仲の良い光景を見てしまったら傷付くと思っていたのに、どうしてか微笑ましく思っている。

 ニャン太さんの人柄だろうか。
 それとも……類さんが大切にしている人だからだろうか。

「本当に来たんだね」

 じゃれ合うふたりを眺めていると、帝人さんに声をかけられた。

「あの……今度こそ本当によろしくお願いします」

「ふふ、仲良く出来るといいね」

 彼は目を三日月型に細めて、穏やかに笑う。

「帝人、伝。さっさと来いよ。はぐれるぞ」

 ニャン太さんを背負った類さんが振り返った。それに帝人さんが頷いた。

「行こうか」

「はい……!」

 僕は地を蹴ると、類さんに駆け寄った。

* * *

 数日後。
 類さんのマンションに引っ越した僕は、奇妙な家族の一員となった。

 ――いや。彼らとの、ツギハギだらけで愛おしい日々から、
 家族というものを知っていくことになるのだ。




『ファミリア・ラプソディア』Chapter1 おしまい To Be Continued

-14p-
Top